ヒゲが苦手な女性の理由

ヒゲが苦手な女性の理由

 

日本人男性でヒゲを生やしているというと、かなり特殊な部類に入るのではないでしょうか。
確かにサラリーマンで、ヒゲを生やしている人はほとんど見かけません。芸能人ですらごくわずかですし、日常生活でヒゲを生やしているというと、探す方が難しいぐらいだと思います。

 

ヒゲの永久脱毛

 

 

なぜ日本では、ヒゲを生やす男性が少ないのでしょうか。

 

それは、日本社会全体にヒゲを生やしていると、不潔や汚らしい印象を持つという認識が浸透しているからのようです。たとえば、ちょっとでも男性がヒゲを伸ばしたままにしておくと、すぐに、「無精ヒゲ」と言われて周囲から白い目で見られたり揶揄されることもあります。

 

とくに、女性に与えるイメージは、かなりマイナスです。
だらしなさや不潔さ、汚らしさといったように、エチケットやマナーがなっていないと感じる女性が多いようです。また、暑苦しいと感じる女性も少なくありません。海水パンツから見えるスネ毛が。むさ苦しいといわれるように、ヒゲも女性から見ると、むさ苦しかったり暑苦しかったり、良い印象は与えないといえるでしょう。

 

ヒゲといっても、口ひげやあごひげ、口のまわり全体に生えるヒゲまでさまざまですが、外国人男性だとカッコ良かったりクールに感じるヒゲも、日本人男性はヒゲが薄いのが当たり前、というイメージが強いだけに、女性にもヒゲはちょっと、という感覚になっているのだと考えられます。また、パートナーがヒゲを生やしていると、肌に当たったときにチクチクしたり違和感を感じる女性も少なくないようです。恋人や夫婦であれば、肌を接触する機会に不快感を感じるようです。

 

また、肌の弱い女性からすると、ヒゲが接触することで、肌荒れしたり痛みが引かないこともあります。

 

このように、女性がヒゲを苦手と感じるのには、見た目の不潔感やむさ苦しさをはじめ、パートナーならではの悩みなど、幅広い理由が考えられるようです。

 

ヒゲの永久脱毛TOPページへ

 

ヒゲが苦手な女性の理由関連ページ

男性のひげ脱毛
男性のひげ脱毛
メンズの脱毛って必要なの?
メンズの脱毛って必要なの?
ひげ脱毛の回数
ひげ脱毛の回数。クリニックのレザー脱毛は、その照射パワーが強力で一度に広範囲の施術もできるので、サロンで使用される光脱毛と比べても非常に効果的。短期間で施術を完了させることが出来ます。
ひげ脱毛とレーザー
レーザー方式は、光の照射パワーが大きいために、そのエネルギーが毛根部にまで到達することができ、その毛根部を破壊させてしまうことが可能。ひげの永久脱毛が可能です。
ひげ永久脱毛の料金
ひげの永久脱毛の料金ですが、一般にクリニックで施術を行う場合、他と比べて高い印象がありますが、ひげ脱毛の場合は、そうでもありません。終わるまで追加料金なしの医療機関もあります。
ひげ脱毛器
女性向けの家庭用脱毛器を男性がひげ脱毛器として使用するケースも増えてきています。ハイパワー化している為です。しかし、永久脱毛することはできません。
ひげ脱毛と痛み
ひげ脱毛と痛み
人気が高まるメンズ脱毛
人気が高まるメンズ脱毛
ヒゲ脱毛でおシャレを楽しむ!
男性の一つのお洒落のアイテムとして、ヒゲの身だしなみがあります。必要ない部分を丁寧にヒゲ脱毛していけば、そのままの状態でお手入れすることなく、おしゃれなヒゲを維持できます。
ひげ脱毛のデメリット
ヒゲ脱毛には、いくつかのデメリットが存在します。しかし、そのデメリットを事前に知っておけば、うまく解決して、自分らしいヒゲ脱毛を受けることができるはずです。
胸毛やすね毛脱毛の需要は?
男性の肉体への意識も、どんどん様変わりしている現代。ムダ毛についても、若い世代を中心に、きれいになくしたいという意識が強まっているようです。髪の毛は別にしても、ヒゲにはじまり胸毛やすね毛といった、いわゆる体毛をしっかり処理しておきたいという男性が増えています。
男のヒゲ、永久脱毛の注意点
一旦、ひげの永久脱毛をしてしまうと、二度とヒゲが生えなくなってきますので、永久脱毛完了後に後悔することの無いよう、しっかりとシミュレーションを行っておくことが大切です。