ひげ脱毛とレーザーについて

レーザー方式によるひげ脱毛

 

ひげ脱毛に限った話ではありませんが、トップページにて比較しているように、脱毛方式には、
■ニードル脱毛法
■レーザー脱毛法
■光脱毛法
があります。

 

この中で、クリニックで主流となっている永久脱毛が、「レーザー脱毛方式」。

 

 

 

レーザー脱毛方式は、光の照射パワーが大きいために、そのエネルギーが毛根部にまで到達することが可能で、その毛根部を破壊させてしまいます。つまり、永久脱毛が可能といえます。

 

脱毛サロンやエステサロンで使用される脱毛方式は、光の照射レベルが小さい光脱毛、フラッシュ脱毛、IPL脱毛と呼ばれる方式。照射パワーの大きいレーザー脱毛を取り扱うことは出来ません。
サロンで使用される脱毛方式は、上述のように光の照射レベルが小さいので、そのエネルギーが毛根部にまで到達することが難しく、毛根部を破壊することが難しいと言えます。

 

従って、「エステサロンでひげ脱毛したけど、数年したらまた生えてきてしまった」という話も良く耳にします。これは、上述のように、毛根の組織を破壊できなかったことが原因なのです。

 

 

 

クリニックで使用されるレーザー脱毛方式の技術の進歩も目覚ましく、最近では次のようなメリットが顕著に感じられるようになってきました。

 

■処理スピードの向上
ニードル脱毛法では、ムダ毛1本1本の処理となるため、時間がかかります。しかしこのレーザー脱毛法は、一度の照射でたくさんの毛にレーザーを照射するため、施術時間が短くて済みます。

 

広範囲の脱毛が可能
照射面積も拡大してきていますので、一度に処理できる面積も広がってきています。つまり、1回の施術でより広い範囲を脱毛することが出来ます。

 

■短時間で脱毛を完了することが可能
レーザー脱毛では、毛根部分を確実に破壊することができるので、1回あたりの施術の効果が高いので、脱毛が完了するまでの期間が短いと言えます。
一方のサロンで行われる方式の脱毛は、1回あたりの脱毛効果が弱いので、その分回数を重ねて行われます。
個人差もありますが、クリニックで行われるレーザー脱毛では、エステサロンに比べて1/3程の期間で脱毛を完了させることが出来ますし、永久脱毛が可能です。数年後にまた毛が生えてきたという事は、殆ど無いと言えるでしょう。

 

■痛みが少ない
レーザー方式は、上述のようにその照射レベルが大きいので、施術に痛みを感じることがありますが、ニードル脱毛に比べると、その痛みは弱いと言えます。
ただ、痛みに敏感な方もいらっしゃいますので、クリニックでは塗るタイプ等の局所麻酔を使用しながらその痛みを和らげることが出来ます。

 

ひげの永久脱毛TOPへ

 

 

 

 

ひげ脱毛とレーザー。ひげの永久脱毛には、レーザーが最適。関連ページ

男性のひげ脱毛
男性のひげ脱毛
メンズの脱毛って必要なの?
メンズの脱毛って必要なの?
ひげ脱毛の回数
ひげ脱毛の回数。クリニックのレザー脱毛は、その照射パワーが強力で一度に広範囲の施術もできるので、サロンで使用される光脱毛と比べても非常に効果的。短期間で施術を完了させることが出来ます。
ひげ永久脱毛の料金
ひげの永久脱毛の料金ですが、一般にクリニックで施術を行う場合、他と比べて高い印象がありますが、ひげ脱毛の場合は、そうでもありません。終わるまで追加料金なしの医療機関もあります。
ひげ脱毛器
女性向けの家庭用脱毛器を男性がひげ脱毛器として使用するケースも増えてきています。ハイパワー化している為です。しかし、永久脱毛することはできません。
ひげ脱毛と痛み
ひげ脱毛と痛み
人気が高まるメンズ脱毛
人気が高まるメンズ脱毛
ヒゲが苦手な女性の理由
ひげ脱毛に関するいろいろな情報をお届けします。
ヒゲ脱毛でおシャレを楽しむ!
男性の一つのお洒落のアイテムとして、ヒゲの身だしなみがあります。必要ない部分を丁寧にヒゲ脱毛していけば、そのままの状態でお手入れすることなく、おしゃれなヒゲを維持できます。
ひげ脱毛のデメリット
ヒゲ脱毛には、いくつかのデメリットが存在します。しかし、そのデメリットを事前に知っておけば、うまく解決して、自分らしいヒゲ脱毛を受けることができるはずです。
胸毛やすね毛脱毛の需要は?
男性の肉体への意識も、どんどん様変わりしている現代。ムダ毛についても、若い世代を中心に、きれいになくしたいという意識が強まっているようです。髪の毛は別にしても、ヒゲにはじまり胸毛やすね毛といった、いわゆる体毛をしっかり処理しておきたいという男性が増えています。
男のヒゲ、永久脱毛の注意点
一旦、ひげの永久脱毛をしてしまうと、二度とヒゲが生えなくなってきますので、永久脱毛完了後に後悔することの無いよう、しっかりとシミュレーションを行っておくことが大切です。