ひげ脱毛と痛み

ひげ脱毛と痛み

 

ちょっと伸びたヒゲを1本抜いてみようとすると、かなりの痛みを感じることでしょう。

 

 

 

ふだんあまり意識することのないヒゲの生える口周りやあごといったパーツでさえいざ脱毛を考えると、痛みがないか、あるとしたら結構痛いのではないかと心配になってきます。

 

ヒゲの脱毛をどれくらいの状態になるまで持っていきたいかによって、どういった脱毛方式を選ぶかも痛みと密接に関わっています。
現在、脱毛サロンやエステサロンの脱毛方式のなかで、もっとも多く採用されているのが、フラッシュ脱毛です。
このフラッシュ脱毛は、他の脱毛方法よりも格段に痛みが少なく、脱毛サロンのなかには「ほぼ無痛」といったキャッチコピーで宣伝しているところも多くなっています。

 

 

フラッシュ脱毛の次に痛みの少ないものは、医療レーザー脱毛といわれています。
もちろん、針を直接挿入するニードル脱毛に比べれば、痛みもないと言えるのかもしれませんが、毛抜きでムダ毛を処理するくらいの痛みは覚悟すべきだと表現されています。

 

ヒゲ脱毛は、他のカラダの部位の脱毛のなかでも痛みに個人差が大きいものです。

 

フラッシュ脱毛にしても医療レーザーにしても、光のエネルギーを利用しています。
メラニン色素の濃さによって脱毛をするため、人によってムダ毛の硬さや濃さもですが、日焼けしている人の方が黒色に反応して、本来アタックすべき毛根部分だけでなく皮膚まで光エネルギーがあたりやすくなるからです。

 

ヒゲが生えている部位は一年中、外の光にさらされている場所のため、肌の日焼けを防ぐことが難しいのも事実です。また、適度な保水力をもつ肌なら痛みを感じにくいものの、乾燥肌のように潤いの少ない肌に光照射されると痛みが強く出ます。

 

ヒゲが濃く毛量の多い場合も痛みが大きく、これらのポイントが絡まり合って個人によって痛みを感じる差が生まれているのです。
脱毛サロンでは痛みや出やすいヒゲ脱毛は、できるだけ痛みを感じさせないようにプロによる工夫が多彩に行われています。
どうしても我慢できない場合は光の出力調節もしてくれますので、その都度伝えるようにしましょう。

 

クリニックは医療機関ですので、痛みを緩和するために、局部麻酔(笑気麻酔)を併用することが可能です。最新のレーザー脱毛器では、以前よりも痛みが軽減されているとのことですが、それでも痛みを感じるようであれば、局部麻酔を併用するという方法もあります。

 

髭の永久脱毛HOMEへ

 

 

 

ひげ脱毛と痛み関連ページ

男性のひげ脱毛
男性のひげ脱毛
メンズの脱毛って必要なの?
メンズの脱毛って必要なの?
ひげ脱毛の回数
ひげ脱毛の回数。クリニックのレザー脱毛は、その照射パワーが強力で一度に広範囲の施術もできるので、サロンで使用される光脱毛と比べても非常に効果的。短期間で施術を完了させることが出来ます。
ひげ脱毛とレーザー
レーザー方式は、光の照射パワーが大きいために、そのエネルギーが毛根部にまで到達することができ、その毛根部を破壊させてしまうことが可能。ひげの永久脱毛が可能です。
ひげ永久脱毛の料金
ひげの永久脱毛の料金ですが、一般にクリニックで施術を行う場合、他と比べて高い印象がありますが、ひげ脱毛の場合は、そうでもありません。終わるまで追加料金なしの医療機関もあります。
ひげ脱毛器
女性向けの家庭用脱毛器を男性がひげ脱毛器として使用するケースも増えてきています。ハイパワー化している為です。しかし、永久脱毛することはできません。
人気が高まるメンズ脱毛
人気が高まるメンズ脱毛
ヒゲが苦手な女性の理由
ひげ脱毛に関するいろいろな情報をお届けします。
ヒゲ脱毛でおシャレを楽しむ!
男性の一つのお洒落のアイテムとして、ヒゲの身だしなみがあります。必要ない部分を丁寧にヒゲ脱毛していけば、そのままの状態でお手入れすることなく、おしゃれなヒゲを維持できます。
ひげ脱毛のデメリット
ヒゲ脱毛には、いくつかのデメリットが存在します。しかし、そのデメリットを事前に知っておけば、うまく解決して、自分らしいヒゲ脱毛を受けることができるはずです。
胸毛やすね毛脱毛の需要は?
男性の肉体への意識も、どんどん様変わりしている現代。ムダ毛についても、若い世代を中心に、きれいになくしたいという意識が強まっているようです。髪の毛は別にしても、ヒゲにはじまり胸毛やすね毛といった、いわゆる体毛をしっかり処理しておきたいという男性が増えています。
男のヒゲ、永久脱毛の注意点
一旦、ひげの永久脱毛をしてしまうと、二度とヒゲが生えなくなってきますので、永久脱毛完了後に後悔することの無いよう、しっかりとシミュレーションを行っておくことが大切です。